脳卒中の生活上の注意

脳卒中(脳血管障害)の発作後、幸い死亡は免れたとしても、重篤な後遺症が残る可能性があります。また、再発の不安を抱えての生活となる場合が多く、生活の改善が求められます。

脳卒中(脳血管障害)の3つ、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血について、どのような生活を心がけることがその予防、再発の防止、後遺症の改善となるか、いくつかポイントを示します。

脳出血
脳出血を招く、最大の原因は、高血圧です。したがって日ごろから血圧が高めの人は、食事療法や運動療法、薬物療法で血圧をうまくコントロールすることが非常に大切です。食事療法は、主に、塩分制限となります。そのほか、発作のおきやすい状況を避ける、改善するような環境の整備も必要です。発作は、真夏や真冬、入浴中、用便中に起きやすいことから、寒い時期にはお風呂場を湯気で充分に温める、用便で力まない、などを心がけます。

脳梗塞
脳梗塞においても、高血圧が大きな誘因となります。食事療法(塩分制限)や薬物療法による、血圧コントロールは脳梗塞を防ぐとともに、再発を予防する対策になります。また、脳梗塞の場合、喫煙、飲酒も控えます。経口避妊薬も脳梗塞の発病を促すといわれます。

くも膜下出血
くも膜下出血では、動脈瘤の発生や破裂、再破裂をいかに防ぐかが課題です。そのためには、血圧コントロールが重要であるほか、喫煙、飲酒の抑制も必要です。動脈瘤は、破れる前に発見された場合には、その大きさや症状、患者さんご本人の年齢や体力から、手術の是非を検討します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)